ルーフ社製 ブリケッティング・マシン 日鉄住金物産マテックス株式会社
RUF ブリケッティング・システムとは 5つのコストメリット 特徴 装置紹介 導入事例 ブリケット買取りサービス お問合わせ
ブリケッティング・システム > RUF ブリケッティング・システムとは
RUF ブリケッティング・システムとは
材料(切粉)の性状を選ばず、常に「一定の高い密度(強度)」と「均一のサイズ」のブリケットを連続自動生産します。
製造現場で発生するアルミ・鋳物・スチール・研磨粉・マグネシウム等のあらゆる
加工切削屑を圧縮固形化し、高比重の強固なブリケットを連続自動生産。
ブリケット化によって溶解炉への再投入・再溶解時の歩留が大幅に向上。
ブリケットの高付加価値化による売却金額の大幅アップも可能。
製造現場でのコストダウンと環境美化を実現。
ブリケットの排出例:ドライアルミ(ブリケットサイズ:60×40mm)
切粉のタイプに応じて自在に圧縮固形化
CPUの搭載にて約30種のパラメーターを任意にコントロール
常に一定の高い比重と均一サイズのブリケットを生産
(1)メインシリンダー圧力の任意可変
(2)材料送り込み量の自動制御
(3)材料に応じた運転モードの選択
(4)メインシリンダーの圧縮時間制御による極限までの脱水効率
切粉のタイプに応じて自在に圧縮固形化(*国際パテント)
●プレチャージャーとメインシリンダーによる独自の圧縮工程によりブリケット内部まで均一な比重と強度を実現
金型切換方式(*国際パテント)
●時間当たり最大1,400kg鋳物切粉の処理が可能(※アルミ切粉の場合は最大600kg/時間)
アルミ乾燥切粉による金型溶着防止(潤滑油供給装置の併用 *オプション)
リアルタイムの動作情報の表示
●約20種類の機械動作状況表示
●約30種類のエラーメッセージにより、すばやいメンテナンスが容易
ブリケット化とリサイクル
ページの先頭へ
トップ RUF ブリケッティング・システムとは 5つのコストメリット 特徴 装置紹介 導入事例 ブリケット買取りサービス お問合わせ サイトマップ